正福寺のホームページ『正福寺HOT NEWS』

2020年10月23日

12月特別イベント速報・更新のお知らせ

12月6日(日)、ナムのひろば文化会館特別イベントが決定いたしました。

特別イベントのご案内ページに載せておりますので、ぜひご覧ください!

(右側のバナーからご覧いただけます)

2020年10月06日

10月のふれあいカフェは13日開催!

毎月第2火曜日開催のふれあいカフェ”ホット&クール”。

今月も予定通り13日(火)午後2時より開催いたします。

(画像クリックでPDFデータを開きます)

 

コーディネーターの末本直道さんを中心に、何気ない日常の感じた事・思いを

語り・聞き合います。

当日、突然のご参加も大歓迎です。お気軽にお立ち寄りください!

2020年10月03日

特別イベントのご案内・更新のお知らせ

10月4日(日)開催の「~心と心をつなぐ~ナムのひろば名曲コンサート」の曲目が

決定いたしました!

その一部を特別イベントのご案内に掲載しておりますので、ぜひご覧ください。

2020年10月02日

【10月13日】ミュージック・ケア あとゆき【ご案内】

先月より活動再開されていました、ミュージック・ケア あとゆき。今月は13日の火曜日に

開講されます。

ナムのひろば文化会館1階のホールで、音楽に合わせてのびのび体を動かして

楽しんでもらいます。ぜひ、親御さんもご一緒に!

(画像クリックでPDFデータを開きます)

2020年9月27日

【中止のお知らせ】9/28ふれあい囲碁サロン

明日9月28日(月)のふれあい囲碁サロンですが、お寺でお通夜・ご葬儀が行われる

為、急きょ中止とさせていただきます。楽しみにしてくださっている皆様には、大変

申し訳ありません。

 

次回、来月10月12日(月)は、午後1時半より通常通りサロン室で行う予定で

おりますので、それまで楽しみにお待ちください!

2020年9月25日

10月イベントのご案内更新のお知らせ

10月は梅垣恭子さんらによる弦楽器コンサート、正福寄席、仏像の魅力第1回目と

イベント目白押しです!

各イベントについて記事を掲載しておりますので、右側→の[特別イベントのご案内]

よりご覧ください。

 

2020年9月18日

9月開講!「えみふる音楽教室」

9月より新しい講座 「えみふる音楽教室」 が始まりました!

主に発達障害をお持ちのお子さんが対象となる、音楽を通じて心を解きほぐしていく

教室です。

(画像クリックでPDFデータを開きます)

主に月曜・土曜の午前中、木曜の午後にレッスンを行われるそうです。

 

教えてくださる寺川恵美先生ご自身のホームページは[こちら

今はコロナ状勢でマスクが外せない状況ですが、笑顔の素敵な優しい先生です!

ぜひ一度、お問い合わせされてみてはいかがでしょうか?

2020年9月12日

10月特別イベントのご案内更新のお知らせ

10月4日(日)「~心と心をつなぐ~ナムのひろば名曲コンサート」の記事を掲載いたしました。

右側「特別イベントのご案内」より特設ページをご覧ください。

2020年9月09日

「つれづれ日記」ご覧あれ!

9月6日、台風が九州沖を通過する中、「仏教落語かれっじ」が行われました。たくさんの方がたがお越しくださり、ありがとうございました。その様子を新設しました「つれづれ日記」でご紹介しています!(住)

2020年9月01日

9月の「住職オンステージ」掲載しました!

アクセスして読んでいただければ幸いです。

2020年8月18日

9月特別イベント「第16回仏教落語かれっじ」開催

まだまだ暑さの残る9月、今年もこの季節がやってまいりました。第16回となります仏教落語

かれっじ、今回の演目は『借家怪談』。

中川桂さん・林家染左さんご兄弟に末本住職をまじえ、そのルーツを紐解いてまいります。

(画像クリックでPDFデータを開きます)

 

 

9月6日(日)14時開演となっております。

たくさんのご参加、お待ちしております!

 

※引き続き新型コロナウィルス感染防止対策に努めてまいります。

皆様にはご来館の際、マスク着用のご協力をお願い申し上げます。

2020年8月08日

盂蘭盆会でお勤めしました!

8月7日、正福寺恒例の盂蘭盆会が営まれました。朝8時30分から境内墓地に始まって、共同墓、仏塔、納骨壇のある報恩堂と次々にお勤めを行い、9時30分からは本堂で「正信偈・6首引」の勤行をご参拝の方がたと一緒にご唱和しました。例年なら80人ほどのお参りがあるのですが、今年は新型コロナ感染症の影響でしょう、少なめの50人ほどのご参拝となりました。

参拝された方がたは、各人、大切な故人の法名を手書きで記した「法名用紙」を尊前に捧げてお勤めされます。

毎年のことですが、今は浄土に居ます懐かしき方がたの面影を浮かべつつお勤めしていると、生死の境を超えてつながっているいのちを実感します。仏さまの広大なお心の領域に入っているからでしょう。ジーンときてしまいます! 有り難し…

ページトップへ戻る